ノンカロリーや糖類ゼロの意味わかっていますか?【ダイエット】

栄養表示基準_サムネ フィットネス
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ノンカロリーって、0kcalってことだよね?

糖類ゼロって、糖類が全く入っていないことでしょ。

カロリーオフって書いてあるから、どんなに食べても大丈夫!

 
と思っていませんか?
 

その考え方はとても危険です!!

本当は0kcalではないから!!

この記事では、ノンカロリーや糖類ゼロなどの食品に記載できるルールについて解説していきます。

スポンサーリンク

ノンカロリーや糖類ゼロの記載ルール。

食品において、カロリーや糖類などの栄養成分の表示は、健康増進法の栄養評価基準によって定められています。

例えば、飲み物の場合、100ml中5kcal未満のものを0kcalと表示できます。

0kcalと表示されているカルピスの栄養成分の画像を載せておきます。

厳密に計算すると、100mlあたり3.6kcalのエネルギーが含まれていますね。

0kcalカルピス栄養成分

 
実際の記載ルールについて見ていきましょう。

カロリーと糖類、脂質の場合の記載ルールをまとめた一覧です。

「無、ゼロ、0、ノン、レス」の表示をする場合は、以下の基準値を下回っていること。 「低、ひかえめ、ライト、ダイエット、オフ」の表示をする場合は、以下の基準値を下回っていること。
食べ物100gあたり 飲料100mlあたり 食べ物100gあたり 飲料100mlあたり
カロリー 5kcal 5kcal 40kcal 20kcal
糖類 0.5g 0.5g 5g 2.5g
脂質 0.5g 0.5g 3g 1.5g

 
一覧の見方ですが、ゼリーとかに0カロリーと書いてあった場合、100gあたりのカロリーが5kcal未満という意味です。

カロリーオフのダイエットドリンクという記載があれば、100gあたりのカロリーが20kcal未満になります。

この場合、500mlで最大100kcalの可能性がありますから、もはやダイエットと言えるのか微妙なところです。

ちなみにコンビニのおにぎり1個で、およそ200kcalです。

 

つまり、ゼロとかダイエットとか書いてあるからといって、0kcalという訳でもないし、炭水化物が0gという訳でもありません。

十分にご注意ください!!

なお、その他の栄養成分の記載ルールにつきましては、厚生労働省のサイトをご覧くださいませ。

炭水化物の内訳。

炭水化物といっても、糖類だったり糖質だったりと中身は様々です。

炭水化物の内訳について整理したものが以下の図になります。

炭水化物の内訳

ざっくりのイメージですが、スイーツとか甘いものでイメージされるものが糖類、お米やパン、麺類でイメージされるものが糖質といったところでしょうか。

そして、人間の身体では、糖類・糖質は消化、吸収されますが、食物繊維は吸収されません。

食物繊維のカロリーは0〜2kcalとして計算されます。

食物繊維も種類がたくさんあって、ものによって変わります。(ややこしい!)

食物繊維のカロリーは4kcal/gではないので、糖質が0gであれば、炭水化物由来のカロリーは0に近くなります。

 

ちなみに、トクホの商品の栄養成分に難消化性デキストリンというものが含まれていたりしますが、食物繊維と同じものです。

脂肪燃焼を助けるといった表記がされていたりするものですね。

まとめ。

ノンカロリーや糖類0は、本当に0であるわけではありません!!

何も気にせずに飲むと、ダイエットの邪魔をしてしまう可能性があります。

しかし、ノンカロリー等の意味を理解した上で取り入れる分には、十分ダイエットのサポートをしてくれるでしょう。

同じような商品と比べれば、だいぶカロリーが低いですからね。

私、ゆうもダイエット中は0kcalの飲み物にはだいぶお世話になっています。

 

ゆう
ゆう

水とお茶だけだと、さすがに飽きる!!

記載ルールをしっかり理解して、ダイエット成功に繋げていきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました