筋トレのモチベーションを上げる方法4選【維持するコツも紹介】

筋トレモチベ_サムネ フィットネス
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

筋トレのモチベーションを上げたい人:

「筋トレをしたいとは思いつつも、モチベーションが上がりません。
筋トレのやる気スイッチが入らずに、毎日グダグダしてしまいます。
筋トレのモチベーションを上げる方法があれば教えてください。」

 

こういったお悩みを解決してみせます。

 

この記事を書いている私は、筋トレ歴4年くらいでフィジークのコンテストにも出場しています。

人間なので、モチベーションが上がっている時も下がっている時もありますが、うまくモチベーションをコントロールして筋トレを継続しています。

 

今回の記事では、

●筋トレのモチベーションの上げ方

●筋トレのモチベーションを維持する方法

について、お伝えします。

 

この記事を読んだ後は、しっかりとモチベーションの上げ方を実践してみてくださいね。

実践しないと意味ありませんからね!!

それでは、5分ほどお付き合いください。

スポンサーリンク

筋トレのモチベーションを上げるには?

モチベーションが下がってしまう理由は、さまざまだと思います。

しかし大切なのは、どれだけ早く、下がってしまっているモチベーションを上げられるかです。

ここでは、実際に私が実践しているモチベーションを上げる方法を紹介します。

 

最終的な目標や目的を設定する

まずは大前提として、筋トレをする目標や目的を決めましょう。

目標や目的を明確にすることで、なぜ筋トレをするのか、筋トレの何をどのように頑張るのかが見えてきます。

いわゆる「5W1H」をはっきりさせることが大切です。

 

●最近太ってきたからダイエットしたい

●カッコイイ・キレイな体になってモテたい

このような目標や目的も十分モチベーションに繋がる素晴らしいものだと思います。

 

ちなみに、私の場合は、

●前回出場したフィジークのコンテストよりも大きな体を作る

●フィジークのコンテストで上位入賞する

という目標を持っています。

 

他人からしたら、

それって価値あるの?

と思われる目標かもしれません。

しかし、筋トレをするのは自分です。

自分が本気になって頑張れる目標かどうかが重要です。

 

目標を達成した時の自分をイメージしてテンションを上げる

目標を立てた後は、その目標を具体的にイメージしましょう。

具体的にイメージすることでモチベーションを高めることができます。

 

イメージの方法はとても簡単です。

自分が理想としている人や目標としている人の動画や画像を見るだけです。

さぁ、youtubeを観ましょう!!笑

 

特に自分が理想としている人や目標としている人が努力しているところを見ると、

自分も頑張らなきゃ!!

といった気持ちになるものです。

 

私の場合、筋トレyoutuberの方のトレーニング動画を見たり、ボディビルやコンテストの動画を見て、筋トレモチベーションを爆上げさせます。

 

最終的な目標を分解して、日々の達成感を積み上げる

最終的な目標は、1日や2日で達成できないことがほとんどだと思います。

例えば、ダイエットの目標で1日で5kg痩せるというのは現実的ではありません。

そこで、最終目標をうまく分解して小さな目標を作ることが大切です。

 

筋トレのモチベーションを上げるための小さな目標としては、

●先週よりも1kg重いダンベルを使ってトレーニングしてみる

●前回よりも1回多くトレーニングをしてみる

といったものがおすすめ。

 

具体的な数字を設定することで、客観的にも定量的にも自分が成長したと判断することができて、達成感につながります。

小さな目標をコツコツ達成して、達成感を積み上げることがモチベーションを上げるための大きなポイントです。

 

筋トレ仲間を作る

筋トレを頑張るのは自分ですが、「人は注目されると成果を出そうと行動して、良い結果を残すという現象」があります。

この現象のことを、ホーソン効果と言い、心理学の教科書には必ず載っているような現象です。

 

筋トレも一緒に頑張る仲間を見つけることで、互いに筋トレのモチベーションを上げることができます。

あいつも頑張ってるんだから、自分も頑張ろう。

といったように。

 

筋トレのモチベーションを維持するには?

最終目標を達成するための長い道のりの中では、モチベーションが下がり、思わず辞めてしまいたくなってしまうことがあるかもしれません。

そんなことにならないように、一度モチベーションを上げたら維持することもとても大切。

ここからは、モチベーションを維持するための方法を紹介します。

 

目標をスケジュールに落とし込んで習慣化する

筋トレのスケジュールをあらかじめ入れてしまいましょう。

例えば、水曜日はジムに行く日といった感じです。

「今日は筋トレしたいからジムに行く」では、ジムに行って筋トレするかどうかが自分のメンタルの状況に左右されてしまいます。

「水曜日だからジムに行く」だと、ここに自分のメンタルは関係ありません。

水曜日だからジムに行って筋トレするのです。

自分のメンタルと切り離して行動し、達成感を積み上げるとモチベーションを維持できます。

 

最終的な目標を分解して、シンプルで簡単な目標に変換する

最終目標を分解して、小さな目標を立てる際に、無理した目標を立てていませんか?

 

●ジムへ行ったら徹底的に自分を追い込む

とか

●毎日必ずジムへ行く

といった目標は、必ず消耗します。

そして、筋トレすることが苦行になり、続かないでしょう。

 

まずは、

●ジムへ行ったら2種目を集中してやる

●週1でジムに行く

といった、できる目標を立てて、目標を達成した自分を褒めてあげましょう。

自分の一番の味方は、自分なんですよ。

 

疲れたと感じたら休む

疲れているのに無理していませんか?

体力的にしんどい時に、筋トレするといつも通りのパフォーマンスを発揮することはできません。

下手したら、怪我をしてしまう恐れもあります。

そんな状態で筋トレを続けても、間違いなく筋トレのモチベーションは下がります。

思い切って、休んでしまいましょう。

 

1日や2日で痩せたり、筋肉がつかないのと同じように、1日や2日で太ったり、筋肉は減りません。

しっかりと体を休め、気分をリフレッシュして、次の筋トレに備えましょう!!

 

私も、体が重いと感じたらすぐに休んでしまいます。

 

筋トレに限らずモチベーションを上げるためにおすすめの本3選

筋トレに限らず、モチベーションを上げるために、お手元に置いておいて欲しい本を紹介します。

 

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ
夢をかなえるゾウ文庫版

コミカルな内容ながらも、「好きなことで生きていく」ことの大切さが書かれている本。

「好きなことをやって生きていくなんて不可能でしょ」と考えて、毎日満員電車に揺られ、夜遅くまで残業している人に行こそ読んでほしい。

 

GACKTの勝ち方

GACKTの勝ち方
GACKTの勝ち方

徹底的に考えられた戦略と計画、そして努力を継続することで結果を出すという、GACKTさんのルーツが書かれている本。

読めば、自分も何かを成し遂げなくては!いう熱い想いが自然と湧き上がってくるはず。

 

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方
俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

徹底的な努力を積み上げた上で、自分に自信を持つことの大切さを語ってくれる本。

『どんな時も人を笑顔にする、ユーモアを忘れない』を生きる上で大切にしている人が書いているということもあり、楽しみながらも自分のモチベーションを上げてくれる本。

コメント

タイトルとURLをコピーしました