筋トレの効率を上げるにはアミノ酸を飲もう【おすすめはBCAA】

筋トレ_アミノ酸_サムネ サプリ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

筋トレに欠かせないアミノ酸について気になる人

 

「筋トレにアミノ酸がおすすめされているのはなぜですか?筋トレにアミノ酸が効果的な理由を教えてください。あとプロテインだけじゃダメなんですか?プロテインとアミノ酸の違いについても教えてください。」

 

こういった疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、筋トレ歴が4年くらいでフィジークのコンテストにも出場しています。

トレーニング前やトレーニング中にアミノ酸を飲むと、筋トレの途中でバテない実感があります。

 

そして、筋トレ途中で疲れてしまって、

もう今日のトレーニングは終わりでいいやー。

となりにくい気がします。

 

今回の記事では、

●筋トレにおけるアミノ酸の効果

●筋トレにおけるBCAAの効果

●プロテインとBCAAの違い

について、紹介していきます。

スポンサーリンク

筋トレにおけるアミノ酸の働き

筋トレにおけるアミノ酸の働き
早速、本題。

アミノ酸が身体の中でどんな働きをしているのか。

特に筋トレにフォーカスして、解説します。

 

そもそもアミノ酸って?

人間が生きていくのに必須な栄養素のタンパク質。

そのタンパク質は、アミノ酸の粒がたくさん繋がったものなんです。

タンパク質は、筋肉や臓器、爪、髪の毛、血液などなど、いろんなものの材料になります。

そのため、タンパク質を構成しているアミノ酸も、健康や美容、筋トレに欠かせないことは当然のことなんです!

 

アミノ酸が不足すると筋トレに悪影響があります

筋トレをすると、血液中の糖質(グリコーゲン)やアミノ酸、および身体に蓄えられている体脂肪を分解して、エネルギーを作り出します。

そのエネルギーで足りない場合、筋肉を分解して強引にアミノ酸を作り出そうとする動きが身体の中で起こります。

この状態では、筋肉がどんどん壊されていくので、筋トレの効果は十分に得られません!

むしろ、せっかく筋トレしているにも関わらず、筋肉がどんどん減っていくという悲劇につながってしまうことに。。。

アミノ酸をしっかり摂取することで、血液中にアミノ酸を確保できて筋肉が分解されることは無くなります。

 

筋トレにはBCAAがおすすめ

BCAA
ジムで周りの人が飲んでいるのを見たことありますよね?

赤だったりオレンジだったり紫といった色鮮やかな液体。

その液体こそがBCAAなのです。

 

そもそもBCAAって?【3種類のアミノ酸】

BCAAは、分岐鎖アミノ酸を意味する英語「Branched Chain Amino Acids」の略称です。

分岐鎖アミノ酸は、人間を構成している全20種類のアミノ酸のうち、筋トレに絶大な効果を発揮する、バリン、ロイシン、イソロイシンの3種類のことです。

巷で、BCAAと呼ばれているのは、これらバリン、ロイシン、イソロイシンが混ぜ合わされた粉末のサプリメント。

筋トレの効果を高めることで人気があるサプリです。

 

BCAAをもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。

筋トレ中に飲むBCAAの効果を解説します【筋肉の成長を促進】
BCAAの効果ってご存知でしょうか?ジムで飲んでいる人がいる鮮やかな色のアレです。BCAAはトレーニング中のエネルギー源になるだけでなく、筋肉合成や疲労回復と様々な効果を持っています。本記事ではそんなBCAAの解説をします。BCAAについて知りたい人、興味のある人、トレーニングをしている人は、ぜひご覧ください!

 

ちなみに、BCAAに響きが良く似た、EAAは必須アミノ酸9種類を全て混ぜ合わされたサプリメントのことです。

EAAの詳細はこちらから。

EAA(必須アミノ酸)の効果を解説します【アミノ酸の補給】
EAAというサプリはご存知でしょうか?最近ではEAAとかBCAAとか横文字のサプリが多くて混乱しがちです。。。今回は、このEAAの解説をします。EAAとは本来、必須アミノ酸を指す言葉で、筋トレ前後の筋肉へのエネルギー補給を目的に摂取します。EAAだけでなく、BCAAやプロテインとの違いもしっかり説明しますよ!!

 

筋トレにおけるBCAAの効果

筋トレにおけるBCAAの効果は大きく2つあります。

1つ目は、筋肉のエネルギーになることです。

血液中に十分な糖分などのエネルギーがある状態であれば何の問題もないのですが、エネルギーが足りない状態で筋トレを続けると筋肉が分解されてしまいます。

筋肉の分解を防ぐためにも、筋トレ前や筋トレ中にBCAAを飲みたいところです。

 

2つ目は、筋肉合成効果および疲労回復効果があります。

筋肉の合成や分解作用、および疲労を感じたり感じなくなったりすることは、血中のBCAA濃度に由来します。

血中のBCAA濃度を高めることで、筋肉の合成を活性化させると同時に、疲労回復を享受できます。

 

さらにBCAAの1番のポイントは、吸収スピードがダントツで早いこと!!

BCAAは飲んでから、およそ30分で吸収されるので、30分後には上のような効果が発揮されます。

プロテインでさえ、吸収されるのに約2時間、一般的な食事だと4〜5時間かかることを考えると、BCAAの吸収時間がとても速いことがわかります。

 

おすすめのBCAA【コスパ最強】

コスパで選ぶなら、XTEND(エクステンド社)が販売しているBCAA一択!!

味の種類も豊富で◎。

グレープ味が無難で飲みやすいですが、15種類くらいの味があるので、好み味を探してみてくださいね。

BCAA_grape
【海外直送品】Scivation Xtend BCAA 90杯分 (グレープ)【Amazonはこちらから】
Scivation, Xtend, グレープ、14.3 oz (405 g)【iHerbはこちらから】

 

アミノ酸1gはタンパク質何g?

アミノ酸1gはタンパク質何g?
アミノ酸の粒がたくさん繋がったものがタンパク質であるならば、アミノ酸1g=タンパク質1gということになります。

 

それでは、

①100gのタンパク質(肉や魚、大豆など)を食事で摂取

②BCAAで100gのアミノ酸を摂取

③プロテインで100gのタンパク質を摂取

した場合、効果は一緒なのでしょうか?

 

身体へ効果を考える際には、アミノ酸の種類とそれぞれの量が重要になってきます。

 

アミノ酸スコアを意識しよう

アミノ酸スコアとは、食品に含まれるタンパク質において、どれくらいの必須アミノ酸が含まれているかを表した指標のこと。

アミノ酸スコアの上限は100で、スコアが高いほど人間の体の中で有効活用される割合の高い、良質なタンパク質であると考えられています。

先ほどの①〜③のアミノ酸スコアを考えると、

①の食事のタンパク質はおよそ70〜100

②のBCAAのアミノ酸は0

③のプロテインは100

となります。

つまり、③のプロテインがNo.1ということになるのです。

 

アミノ酸スコアについての詳しい解説はこちらから。

タンパク質に含まれるアミノ酸の評価方法解説【アミノ酸スコア】
ダイエット食品や健康食品に記載されているアミノ酸スコア。この数値ってどんな意味かご存知ですか?とりあえず高ければ良いと思っていませんか?そんなアミノ酸スコアについて解説します。計算方法も説明しますので、誰でもアミノ酸スコアを算出できるようになりますよ!ダイエットや健康に気を遣っている方には、ぜひ読んで頂きたい内容です!

 

BCAAは筋トレ効率upが目的

BCAAのアミノ酸スコアが0だからといって、意味のないものだとは思わないでくださいね!

まぁ、本当に意味のないものなら、サプリとして売れるわけないのでわかるとは思いますがww。

つまり、プロテインとBCAAは使い分けることが重要なのです!!

●プロテイン:筋肉の材料

●BCAA:筋トレ効率up

が目的です。

BCAAで筋トレのエネルギーを補給しながら、筋肉合成のスイッチを入れてあげる。

そのあとに、プロテインでしっかりと筋肉の材料を身体に与えてあげれば完璧です!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました