簡単に成功できるさつまいもダイエットの紹介【主食を焼き芋に変更】

さつまいもダイエット_サムネ フィットネス
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

簡単で手軽なダイエット方法を探している人

 

「簡単で手軽なダイエット方法を探しています。食事の量を極端に減らすのは、ツライしリバウンドも怖いのでやりたくありません。何かおすすめのダイエット方法はありますか?やり方もわかりやすく教えてください。」

 

こういった悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、筋トレ歴が4年くらいでフィジークのコンテストにも出場しています。

コンテストに向けたダイエットの時には、主食をさつまいもに置き換えたりしています。

さつまいもは主食の中ではカロリーが低く、GI値も低いので炭水化物源として適しているのです。

しかも、ビタミン・ミネラル・食物繊維も補給できちゃうスグレものなんです。

 

今回の記事では、

●さつまいもがダイエット向きな食材である理由

●さつまいもダイエットのやり方

●さつまいもダイエットの注意点

について、解説していきます。

スポンサーリンク

さつまいもダイエットとは?

さつまいも_01

 

さつまいもダイエットとは、ごはんやパンなどの主食をさつまいもに置き換えるダイエット法です。

お茶碗1杯分のごはん(白米)150gのカロリーは、だいたい250kcalです。

一方、さつまいも150gのカロリーは190kcal。

単純にカロリーだけでも60kcalカットです。

ちなみに食パン150gだと400kcalくらいなので、パン派の人は効果絶大です。

さらに、さつまいもはビタミンなどの栄養価も優れているので、カロリー以外の面でもおすすめなのです。

 

さつまいもがダイエット向きな食材である理由

さつまいも_02

 

まずは、さつまいもがダイエット向けな食材である理由を紹介します。

ダイエットにおすすめされるわけは、さつまいもの栄養面に秘密があるのです。

 

主食の中では低カロリー

右下がり_イラスト

 

さつまいもは、主食の中では低カロリーです。

お茶碗1杯分のごはん(白米)150gなので、150gで比較すると、

●ごはん(白米):250kcal
●さつまいも:190kcal
●食パン:400kcal

 

普段、朝に食パン、昼と夜に白米を食べていたとして、全部さつまいもに置き換えたと仮定すると、1日のカロリーを330kcalも抑えることができます

1週間で2,310kcalもカット!!

いかがでしょうか。

食事を抜いているわけでも、減らしているわけでもないのに、2,000kcal以上もカロリーを抑えられるなんてすごくないですか?

 

GI値が低い

さつまいも_03

 

さつまいもは主食の中でGI値が低めです。

GI値は、その食べ物を食べた時の血糖値の上がりやすさを表したものです。

GI値が高い(血糖値が上がりやすい)ほど、インシュリンが分泌されるので、身体に食べたもののエネルギーが吸収されやすくなります。

一度にたくさんエネルギーが吸収されるほど、体脂肪として蓄積されやすくなるので、GI値が高いほど太りやすい食べ物なのです。

なので、ダイエット中はGI値の低いさつまいもがおすすめなのです。

 

ビタミンが豊富

深呼吸_女性

さつまいもはビタミンも豊富です。

特に豊富なビタミンは、ビタミンB6・ビタミンC・ビタミンE。

ビタミンB6はタンパク質の消化・吸収、筋肉の合成のサポートをしてくれるビタミン。

ダイエット中はタンパク質を意識しなくてはいけないので、ダイエットには必須のビタミンですね。

 

ビタミンCは言わずもがな、美容と健康のビタミン。

ダイエット中は食事制限の影響で免疫力が低下しがちです。

是非とも摂取したいビタミンです。

 

ビタミンEは、抗酸化作用があり、身体の老化を防いでくれるビタミンです。

さつまいもで3種のビタミンをしっかりチャージしましょうね。

 

ミネラルがたくさん

さつまいも_04

 

さつまいもには、ミネラルの1種カリウムもたくさん含まれています。

カリウムは、体内の余分な水分を排出できます。

むくみを解消して、体重をどんどん軽くしていきましょう。

 

食物繊維もたっぷり

お腹_ハート

 

さつまいもには食物繊維もたっぷりです。

食物繊維は、便秘解消・お通じ改善の効果があります。

ダイエットに便秘は大敵ですからね。

さつまいもで食物繊維をチャージです。

 

さらに、さつまいもにはヤラピンという便秘解消成分が含まれています。

生のさつまいもを切った時に出てくる白い液体がヤラピン。

食物繊維と同じように便秘解消に役立ちます。

 

さつまいもダイエットのやり方

さつまいも_05

 

続いて、さつまいもダイエットのやり方を詳しく紹介します。

当たり前ですが、たださつまいもを食べてるだけでは痩せません。

痩せるためには効果的にさつまいもを使っていかないといけません。

 

主食を置き換える

さつまいも_06

 

さつまいもダイエットの鉄則、主食をさつまいもで置き換えましょう。

食事にさつまいもを追加するわけではありません!!

さつまいもで置き換えるのです。

主食を同じ量(重さ)のさつまいもで置き換えればOK。

 

タイミングは朝や昼

さつまいも_07

 

さつまいもを食べるタイミング、つまり主食の置き換えをするのは朝と昼にしましょう。

 

じゃあ、夜はどうするの?

 

ダイエット中の夜ごはんはそもそも炭水化物を避けたいです。

なので、夜ごはんはさつまいもだけでなく、他の主食も食べないようにしましょう。

 

仮に、夜に炭水化物を食べるのなら、少量にしてくださいね。

少量であれば、サツマイモに置き換えずにそのまま食べてOKです。

 

簡単な調理方法

焼き芋

 

電子レンジで、簡単に蒸し芋を作れます!!

さつまいもを洗って、ラップに包んでチンするだけです。

600Wで7〜8分くらい加熱すれば柔らかくなります。

まぁ、柔らかさには好みがあると思うので、加熱時間を好みに合わせて調整してくださいね。

 

さつまいもダイエットの注意点

チェック_女性

 

最後にさつまいもダイエットの注意点です。

注意点を抑えてこそ、ダイエットの成功の道が開けるのです。

 

食べ過ぎないこと

満腹感

 

さつまいもがダイエット向きだからといって、食べ過ぎないでくださいね。

さつまいもは確かに主食の中では低カロリーですが、炭水化物なのでカロリーはしっかりあります。

主食を置き換える分だけ、さつまいもを食べましょう。

ダイエットの基本は食事制限とカロリーコントロールです。

自分の基礎代謝+100〜200kcalくらいのカロリーを意識してダイエットに取り組んでください。

 

スイーツにしないこと

大学いも

 

さつまいもは蒸し芋や焼き芋など、シンプルにそのまま食べてください。

スイートポテトや大学いものように、砂糖を使わないでくださいね。

せっかく、さつまいものカロリーが低いのにカロリーを増やすのはもったいないです。

スイーツが美味しいのはとてもよくわかりますが、ダイエット中は我慢ですよ。

 

栄養バランスを考えること

天秤_イラスト

ダイエット中の食事は栄養バランスも大切です。

さつまいもは炭水化物なので、他の食事のメニューはタンパク質を意識する必要があります。

ダイエット中はカロリー制限の影響で、タンパク質を摂らないと筋肉が減ってしまいます。

筋肉が減ると代謝が下がるので、痩せにくく太りやすい身体になってしまうのです。

ダイエット中はしっかりタンパク質を摂ってくださいね。

 

手っ取り早くタンパク質を摂取するには、プロテインが1番です。

 

プロテイン初心者の教科書【プロテインの選び方と飲み方】
「プロテインの種類が多すぎてどれを選んだら良いの?」「プロテインを1日どれくらい飲めば良いの?」といった悩みをプロテイン初心者の方は持っていると思います。今回はプロテイン初心者向けにプロテインの選び方と飲み方を丁寧に解説します。是非ともプロテイン初心者さんは正しいプロテインの選び方と飲み方を身につけてくださいね。

 

ダイエット中のプロテインを女性におすすめしたい理由
「プロテインにダイエット効果があるの?」「女性にプロテインは必要?」「プロテインを飲んでマッチョにならない?」といった悩みをダイエット中の女性は持っているはず。今回はダイエット中の女性目線でプロテインの効果を解説します。是非ともプロテインが気になる女性は読んでくださいね。健康的なダイエットをサポートします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました