MCTオイルコーヒーで体脂肪を燃やせ【飲むだけの簡単ダイエット】

MCTオイルコーヒー_ダイエット_サムネ フィットネス
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

簡単で手軽なダイエット方法を探している人:

 

「簡単で手軽なダイエット方法を探しています。食事の量を極端に減らすのは、ツライしリバウンドも怖いのでやりたくありません。何かおすすめのダイエット方法はありますか?やり方もわかりやすく教えてください。」

 

こういった悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、筋トレ歴が4年くらいでフィジークのコンテストにも出場しています。

コンテストに向けたダイエットの時には、ブラックコーヒーをよく飲みます。

コーヒーは脂肪の分解・燃焼を促進して、さらに筋トレや運動の効果を向上する効果があるんです。

そのコーヒーにMCTオイルを加えると、さらに体脂肪が燃えやすく痩せやすい身体を意図的に作れるんです。

 

今回の記事では、

●MCTオイルコーヒーのダイエット効果

●MCTオイルコーヒーの作り方・飲み方

●MCTオイルコーヒーの注意点

について、紹介していきます。

スポンサーリンク

MCTオイルコーヒーとは?

カフェラテ

 

MCTオイルコーヒーをご存知でしょうか?

MCTオイルコーヒーとは、飲むだけで身体の脂肪燃焼効果が高くなる、ダイエット効果のあるコーヒーなんです。

MCTオイルの力で、身体のエネルギー源を糖から脂肪へと変換することができます。

いわゆるケトジェニックダイエットというやつです。

身体が糖分を必要としなくなるので、無理なく糖質制限でき、ダイエット成功に大きく近づけるアイテムとしておすすめですよ。

 

MCTオイルとは?

オイル

 

MCTとは、Medium Chain Triglyceridesの略で、中鎖脂肪酸という意味です。

MCTオイルは、構成する脂肪酸が中鎖脂肪酸100%のオイルを指します。

中鎖脂肪酸は、一般的な油の脂肪酸よりも炭素の個数が少ない脂肪酸のこと。

主にココナッツなどの植物由来の天然成分から作られるオイルです。

 

MCTオイル
勝山ネクステージ MCTオイルスポーツ (中鎖脂肪酸100%)

 

MCTオイルのダイエット効果

MCTオイル2

 

さて、MCTオイルとMCTオイルコーヒーの説明をざっくりしたところで、いよいよ本題。

MCTオイルがなぜダイエットに効果的なのか!

MCTオイルがダイエットにおすすめな理由を4つ説明します。

 

エネルギーに変わる速度が速い

腹筋

 

MCTオイルは体内に吸収されてからエネルギーとして燃焼されるまでの時間が短いです。

普通の油(長鎖脂肪酸)と比べると極端に短い時間で消費されてしまいます!およそ5倍速!!

普通の油だと分解が必要になるので、小腸を通ってリンパ管を通って脂肪細胞に入って、ぐるぐる~と体の中を巡ります。

一方、中鎖脂肪酸の場合はもともと炭素の数が少ないので、ゆっくり分解される必要がなく、直接、肝臓に向かってエネルギーとして使われるのです。

さらに中鎖脂肪酸は、体内に吸収されないため、血中の中性脂肪を上げにくいといった健康的な特徴も持ってますよ!

 

痩せやすい身体を作れる【ケトーシス】

背中トレ

 

通常、人間の身体の主なエネルギー源は糖分です。つまり炭水化物です。

しかし、身体の中に糖分がなくなると脂肪を分解して、新たなエネルギー源「ケトン体」を人間の身体は作り出すのです。

いきなりケトン体を作り出すことはできないので、1週間くらいの時間をかけて、人間の身体はケトン体を作り出すモード:『ケトーシス』に入ります。

MCTオイルは、このケトーシスの状態に入りやすくするサポートをしてくれます。

ケトーシスに入れると、炭水化物を食べる必要がなくなるので、一気にダイエットを加速させることができます。

 

疲れにくい身体を作れる【持久力の向上】

ランニング

 

MCTオイルを利用して、ケトーシス状態に入ると疲れにくい身体を作ることができます。

炭水化物を摂取すると必ず血糖値が上がります。

食べるもののGI値にも左右されますが、血糖値の急上昇は身体に大きな負担がかかります。

この血糖値の急上昇が身体のだるさなどを引き起こすのです。

 

ケトーシス状態に入れれば、炭水化物を摂取する必要がないので血糖値の上昇は起こりません。

しかも、MCTオイルはエネルギーとしてすぐに使われるので、運動や筋トレのエネルギーとしても利用できます。

 

空腹を感じにくい

お腹_ハート

 

MCTオイルは食欲を抑えて満腹感を感じる、レプチンというホルモンの働きを活性化させます。

さらに、あたたかいものも満腹感を感じやすいです。

そのため、ホットのMCTオイルコーヒーは、1杯飲むだけで食事の間の空腹感を紛らわすことができるのでおすすめです。

 

MCTオイルコーヒーの作り方・飲み方

コーヒー_炎

 

ここからはダイエット中に飲む、MCTオイルコーヒーの作り方と飲むタイミングについての説明です。

MCTオイルの入れ過ぎ、飲み過ぎはくれぐれもご注意ください。

 

MCTオイルコーヒーの作り方

コーヒー3

 

MCTオイルコーヒーの作り方はとても簡単。

ブラックコーヒーにMCTオイルを入れて混ぜるだけ。

ただし、MCTオイルの量には気をつけましょう。

入れ過ぎるとカロリーが高くなり過ぎます。

マグカップ(300mlくらい)のコーヒーに、大さじ1杯くらい(15g)のMCTオイルを入れましょう。

 

朝ごはんとおやつをMCTオイルコーヒーで置き換えよう

カフェラテ

 

MCTオイルで効率的にダイエットするには、朝ごはんやおやつをMCTオイルコーヒーで置き換えましょう。

起床後の朝は、身体にエネルギーが足りない状態。

MCTオイルコーヒーを飲めば、すばやくエネルギーをチャージすることができます。

そして、食べ物や飲み物をMCTオイルコーヒーだけにすれば、カロリーも大幅に抑えることができます。

 

また、空腹を感じるときには、おやつとしてMCTオイルコーヒーを飲みましょう。

空腹を感じるときは、身体にエネルギーが足りていない証拠。

MCTオイルコーヒーを1杯飲んで、エネルギーを補給しつつ、空腹を紛らわせましょう。

 

MCTコーヒーダイエットの注意点

コーヒー豆2

 

最後にMCTオイルコーヒーでダイエットするときの注意点の紹介です。

以下の2点の注意点を抑えれば、完璧!!

 

飲み過ぎないこと【カロリーの過剰摂取】

チェック_女性

 

いくらダイエットに効果的と言っても、MCTオイルは油です。

脂質は1gあたり9kcalと高カロリーな栄養成分。

適切な量のMCTオイルを摂取しましょう。

MCTオイルの取りすぎでオーバーカロリーになり、ダイエットが停滞してしまうことはありがちな話です。

1日あたりの目安は、コーヒー2〜3杯くらいで、コーヒー1杯あたりにMCTオイル10g~20gくらいですよ。

 

タンパク質をしっかり摂取すること

steak

 

ダイエット中はタンパク質が特に重要です。

タンパク質を摂らずに筋肉が減ってしまうと、代謝が下がり痩せにくくなってしまいます。

朝ごはんやおやつのMCTオイルコーヒーで、身体を動かすエネルギーを確保できるため、昼ごはんや夜ごはんは積極的にお肉や魚を食べて、タンパク質を摂取しましょう。

プロテインを利用して、手っ取り早く、タンパク質を摂取してしまうのも手です。

 

プロテイン初心者の教科書【プロテインの選び方と飲み方】
「プロテインの種類が多すぎてどれを選んだら良いの?」「プロテインを1日どれくらい飲めば良いの?」といった悩みをプロテイン初心者の方は持っていると思います。今回はプロテイン初心者向けにプロテインの選び方と飲み方を丁寧に解説します。是非ともプロテイン初心者さんは正しいプロテインの選び方と飲み方を身につけてくださいね。
ザバスのおすすめプロテイン10選【初心者にも飲みやすい】
あなたの「プロテインで1番有名なザバスで調べてみたけど、どれを買えば良いのかわからない」というお悩みを解決します。ザバスのプロテインのおすすめ10種をまとめました。それぞれのプロテインの特徴や使い方を解説し、プロテイン選びをサポートします!
ケンタイのおすすめプロテイン9選【ちょっとこだわりたい人へ】
ケンタイというプロテインメーカーをご存知ですか?ザバス以外のプロテインを試してみたい方におすすめです。ケンタイは、①タンパク質含有率が高く、②甘くて美味しいといった特徴があります。そんなケンタイのプロテインのおすすめをまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました