グルタミンの効果を解説します【風邪の予防や筋分解の抑制】

グルタミン_サムネ サプリ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

最近、グルタミンってサプリを見たんだけど、どんなサプリなの?
うま味成分で有名なグルタミン酸とは違うの?

OK!!
グルタミンについて、しっかり解説するよ。
ちなみに、グルタミンとグルタミン酸は別物だね。

 

本記事では、グルタミンの特徴や効果を解説した上で、グルタミンとグルタミン酸の違いについても解説してきます。

 

スポンサーリンク

グルタミンってどんなもの?

グルタミンってどんなもの?

グルタミンは、準必須アミノ酸(=体内で作り出せるけど、重要であるがゆえに不足する可能性があるアミノ酸)に分類されます。

そして、タンパク質(筋肉や臓器など)を構成せずに、細胞や血液中に蓄えられているという特徴を持っています。

ちなみに、この特徴を持っているアミノ酸を遊離アミノ酸と言います。

遊離アミノ酸のうち、約60%がグルタミンです。

グルタミンは、スポーツや筋トレだけでなく、風邪などを引いて体調を崩してしまった際など、身体に何らかのストレスがかかると大量に必要とされるアミノ酸です。

そのため、常に一定のレベルのグルタミンを体内にストックしてあげることが大切です。

 

1つ間違えやすいポイントに、グルタミンとグルタミン酸との関係性があります。

同じ準必須アミノ酸にも分類されている、グルタミンとグルタミン酸ですが、別物ですのでご注意を!

グルタミン酸の酸素(O)原子が、窒素(N)原子に置き換わったものがグルタミンです。

サプリではなく野菜や海藻などから摂取する際は、グルタミン酸の形で摂取して、体内でグルタミンに変換されるイメージです。

食品の栄養成分では、グルタミン酸の表示がされていることがほとんどだと思います。

 

グルタミンは熱に弱く、40℃程度で変性(性質が変わること)して、体内へ吸収しにくい形に変わってしまいます。

なるべく、加熱せずに摂取することをおすすめします。

グルタミンの効果

グルタミンを摂取することによる効果は、大きく3つあります。

①免疫力の向上
②筋分解の抑制
③小腸のサポート

さぁ、順番に見ていきましょう!!

免疫力の向上

白血球やマクロファージといった免疫細胞のエネルギー源に、グルタミンが使われます。

スポーツや筋トレ後は、疲労物質”乳酸”の影響で、体が酸性に傾きます。

酸性に傾くと、白血球たちの働きが落ちるので、エネルギーを送ってあげる必要があります。

筋分解の抑制

この記事の冒頭でもお話ししたように、グルタミンは身体に何らかのストレスがかかると大量に必要とされるアミノ酸です。

グルタミンが必要な時に、必要量が確保できないとなると、体は筋肉を分解して強引にグルタミンを作り出します。

いわゆる、カタボリック作用と呼ばれるものになります。

せっかく付けた筋肉を分解させないためにも、常に一定量のグルタミンを体内に蓄えておきましょう。

小腸のサポート

グルタミンは、小腸の粘膜(柔毛じゅうもう)のエネルギー源としても働きます。

エネルギーが豊富なときの小腸の粘膜は、栄養を吸収しやすいように表面積を広げた形、つまり厚みのある形をとっています。

細長い風船が膨らんでいる状態をイメージしてください。

エネルギーであるグルタミンが足りなくなると、小腸粘膜は萎縮して、表面積が小さくなってしまいます。

こちらは、細長い風船がしぼんでいる状態です。

表面積を十分に確保できないと、食事で摂取した栄養も吸収できないため、日常生活にも影響が出てきてしまう可能性もあります。

グルタミンの摂取量とタイミング

グルタミンの摂取量とタイミング

グルタミンの1日の摂取量の目安は、およそ15g程度になります。

もちろん、1度に摂取するのではなく、3回くらいに分けてくださいね!

グルタミン酸 → グルタミン と体内で変換されることを考慮して、グルタミン酸の含有量を紹介します。

●100gあたりのグルタミン酸含有量[mg]

食材名 含有量[mg]
昆布 1,000 〜 3,000
海苔 550 〜 1,350
生ハム 340
チーズ 180 〜 310
プロテイン 13,800

プロテインを1日に数回飲まれている人は、1日15gを達成するのは難しくないですが、プロテインを飲まずに1日15gを達成するのは難しいかもしれません。

そんな時は、サプリで補ってしまいましょう!

粉状のものだったり、カプセルやタブレット状のものだったりと豊富にあります。

ほんの一例を紹介します。

まとめ

グルタミンは、スポーツや筋トレなどで、身体に何らかのストレスがかかると大量に必要とされるアミノ酸です。

そのため、常に一定のレベルのグルタミンを体内にストックしてあげることが大切です。

体内で不足すると、人間の体は、筋肉を分解して強引にグルタミンを作り出してしまいます。

 

グルタミンを摂取する効果は大きく3つあります。

①免疫力の向上
②筋分解の抑制
③小腸のサポート

 

グルタミンの1日の摂取量の目安は、およそ15g程度ですが、普段の食事だけで達成するのは難しいです。

プロテインやサプリで補ってあげると良いと思います!

 

この記事を機会に、グルタミンの効果や働きを意識してもらえたら嬉しいです!!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました