ダイエットの食事バランスは簡単!【意識することは少しだけ】

ダイエット中の食事バランス フィットネス
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ダイエット中の食事って、何を意識すれば良いの?

ダイエットに適した食事のバランスってあるのかな?

ダイエット中は、炭水化物と脂質は摂っちゃダメなの?

 
こういった疑問に答えます。
 

今回はダイエット中に摂取する食事の内訳について、解説します。

いわゆる、PFCバランスと呼ばれるもので、

「ダイエットに適した、タンパク質・脂質・炭水化物の割合ってどんな感じ??」

という内容です。

ダイエットの食事は、このPFCバランスを意識すればOKです。

スポンサーリンク

カロリーの内訳を考えよう。

早速の質問ですが、
1日に摂取したカロリーが約 1,500 kcalだったとして、

①タンパク質:160g、脂質:24g、炭水化物:160g
②タンパク質:10g、脂質:100g、炭水化物:140g

の組み合わせになっていたとします。

①と②のどちらがダイエットに向いている組み合わせだと思いますか?

 

・・・・・

 

実は、ダイエットの期間や目的によって正解があったりなかったりします。

質問したのにごめんなさい🙏

数週間くらいの短期間で、ただ体重を落としたいという目的の場合、
①と②のごちらの組み合わせでも、大きな差はないです。

摂取しているカロリーは同じなので、同じ分だけ体重は落ちていくでしょう。

しかし、長期的に考えたときに、

● リバウンドしにくい身体になりたい
● キレイな身体つきになりたい
● モデルさんのような身体になりたい

といった場合は、①が正解になります!!

この①が正解というのが、PFCバランスに関連してきます。

PFCバランスを知ろう。

PFCとは、
タンパク質:ProteinのP、
脂質:FatのF、
炭水化物:CarbohydrateのC、
の頭文字を取ったもので、
1回の食事や1日の食事の三大栄養素のバランスを表します。

軽く、三大栄養素の役割を紹介すると、

● タンパク質 → 筋肉や臓器を構築。1gあたり4kcal。
● 脂質 → 身体の細胞膜やホルモンの材料。1gあたり9kcal。
● 炭水化物 → 脳や赤血球のエネルギー源。1gあたり4kcal。

という感じです。

1gあたりのカロリー量が把握できると、どんな食事のカロリーも計算できる様になります。

前章の「カロリーの内訳を考えよう。」で例に挙げた①と②の合計がおよそ1,500 kcalに
なっていることも確認できるはずです。

さて、ダイエット中に
「どんなPFCバランスで1日の食事をすればいいの?」
という1番大切な所の話に進みます。

結論から言うと、

最低でも、1日に体重1kgあたり2gのタンパク質(P)を摂取した上で、
1日の摂取カロリーが、
基礎代謝のカロリー + 100〜200 kcal

くらい

に調節できれば理想です!

「最低でも、1日に体重1kgあたり2gのタンパク質(P)を摂取」というのは、
体重が60kgの人ならば、1日に60 x 2 =120g のタンパク質が最低でも必要という意味です。

なぜタンパク質にこだわるかというと、
ダイエット中に筋肉を維持するには、十分なタンパク質が必須だからです。

タンパク質不足で筋肉が減ってしまうと、基礎代謝が下がってしまうので、
リバウンドしやすい身体になってしまいます!!

せっかく体重を落としたのに、すぐ太ってしまったら、勿体無いですよね!?

個人的には、ダイエットに重要なポイントは、

🥇1日の摂取カロリーを 基礎代謝 + 100〜200 kcal にコントロール

🥈1日に体重1kgあたり2gのタンパク質を摂取

の2点に尽きると思っています!

基礎代謝についてはこちらの記事にまとめました!

ダイエットの1番重要なポイントは摂取カロリーです【経験談】
ダイエットで1番重要なポイントはご存知でしょうか?本記事では、ダイエットで1番重要なポイントを説明した上で、このポイントを抑えて1ヶ月が経過した際の体重の変化をお見せします。1日の摂取カロリーの目安やカロリー計算の方法も解説していますので、ダイエット中の方は要チェックです!

まとめ。

ダイエットに重要なポイントは、2点あります。

🥇1日の摂取カロリーを 基礎代謝 + 100〜200 kcal にコントロールする。

🥈1日に体重1kgあたり2gのタンパク質を摂取する。

この2点を達成できると、リバウンドしにくい「キレイな身体」をゲットすることができますよ〜

この記事を読んで、「キレイな身体」をゲットできる方が1人でも増えたら、とてもハッピーです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました