枝豆がダイエットに優秀な理由【タンパク質も補給できて低カロリー】

枝豆_ダイエット_サムネ フィットネス
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ダイエット向きな食材を知りたい人:

 

「枝豆がダイエット向きな食材って聞きました。何で枝豆がダイエット向きな食材なんですか?理由を教えてください。あとダイエット中には、どんな時に枝豆を食べれば良いかも教えてください。」

 

こういった悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、筋トレ歴が4年くらいでフィジークのコンテストにも出場しています。

コンテストに向けたダイエットの時には、枝豆もよく食べています。

枝豆はカロリーが低く、タンパク質が豊富!!

おつまみで普段食べている枝豆は、とてもダイエット向き食材なんですよ。

 

今回の記事では、

●枝豆がダイエット向きな食材である理由

●枝豆を食べるおすすめのタイミング

について、解説していきます。

スポンサーリンク

枝豆がダイエット向きな食材である理由

枝豆1

 

そもそも枝豆って、どんなものかわかりますか??

 

実は枝豆は大豆なのです。

大豆って聞くと、もうダイエットに良さそうな気がしてしまいますよね笑。

枝豆は大豆が熟す前の青い状態のまま、茎ごと収穫したもので、そのさやの中身を私たちは食べています。

そんな枝豆は、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で、もちろん低カロリー。

枝豆がとてもダイエット向きな食材である理由を紹介していきますよ。

 

カロリーが低い

枝豆2

 

枝豆はカロリーが低いです。

枝豆100gでだいたい135kcalくらい。

皮なしの鶏胸肉と同じくらいのカロリーです。

だいたいのお肉よりもカロリーは低いです。

 

詳しい栄養成分は100gあたりの枝豆(可食部)で、

●カロリー:135kcal
●タンパク質:12g
●脂質:6g
●炭水化物:9g

これは、プロテインバーと同じような成分です。

この事実からも、枝豆がダイエット向きな食材であることがわかると思います。

 

以下はプロテインバーに関する記事になります。

 

筋トレやダイエットにおすすめのプロテインバー【ハズレなし5選】
筋トレやダイエットにおすすめしたいのがプロテインバー。プロテインバーはいつでもどこでも食べられるのが強み。プロテインを人前でシャカシャカするのは恥ずかしいし、シェイカーを洗うのもめんどくさい。そんな人にぜひ試してもらいたいフードです!!

 

ビタミンが豊富

枝豆3

枝豆はビタミンが豊富です。

ビタミンの中でも、ビタミンB1とビタミンCが多く含まれています。

 

ビタミンB1は炭水化物の代謝をサポートして、エネルギーに変える働きをします。

まさに、ダイエットに必須のビタミンと言えます。

ビタミンCは美容と免疫力向上のためのビタミン。

ダイエット中は、食事制限の影響から免疫力が下がってしまう恐れがあります。

ビタミンCもダイエット中には、しっかりと摂っておきたいビタミンですよ。

 

ミネラルがたくさん

枝豆4

 

カリウムは、体内の余分な水分を排出してくれます。

特に塩分を多く含むものを食べた後には、ナトリウムの排出もサポートしてくれるので、特におすすめ。

余分な水分が抜ければ体重も落ちやすくなり、すっきりしたボディラインを作ることができますよ。

ダイエット中は食事制限の影響で、ミネラルは特に不足しやすいです。

だから、ミネラルを補給できる枝豆がダイエットにおすすめなんですよ。

ただし、枝豆に塩味をつけすぎるのだけはNGです。

 

食物繊維もたっぷり

枝豆5

 

枝豆には食物繊維もたっぷりです。

食物繊維には、便秘解消・お通じ改善の効果があります。

便秘が解消こそ、ダイエット成功の鍵です。

便秘が解消しないと体重は軽くなりません。

そして、ウェストもスマートにもならないのです!!

ダイエットの成功のために、食物繊維をしっかり取ることを心がけましょう。

 

イソフラボンで美容効果も

枝豆_イラスト

 

枝豆には、 大豆由来の大豆イソフラボンという成分が含まれています。

大豆イソフラボンには、お肌の張りを保つ効果があります。

大豆イソフラボンが、女性ホルモンと似たような働きをすることはご存知かと思います。

枝豆はダイエットだけでなく美容にも効果的なんですよ。

 

枝豆を食べるおすすめのタイミング

枝豆6

 

ダイエット中の枝豆を食べるおすすめのタイミングを紹介します。

 

お腹が空いた時に【おやつに最適】

大豆

 

ダイエット中にとりあえず小腹が空いたら、枝豆を食べておきましょう。

枝豆は10さやで25gくらい、カロリーにすると34kcalです。

1回に食べる量は30〜60さやくらいなので、100〜200kcalくらいになります。

30~60さやで、タンパク質も10〜20g補給できます。

空腹を我慢しまくってストレスがたまって、食欲が爆発してしまうのを防ぐためにも、間食はおすすめです。

 

夜ごはんを置き換える

枝豆8

 

夜ごはんを枝豆に置き換えることができたら、その日のダイエットは大勝利です。

もちろん食べ過ぎなければですけども。

体脂肪に変わる可能性の大きい夜ごはんを枝豆30~60さやの100~200kcalくらいに抑えられれば、完璧ですね。

枝豆置き換えダイエットを続けられれば、すぐに結果にコミットできますよ。

 

お酒のおつまみに

枝豆_おつまみ

 

お酒のおつまみは高カロリーのものが多いので、おつまみを枝豆に変更するだけで、摂取カロリーをかなり抑えられます。

揚げ物は絶対にNGです!!

そもそもお酒を飲むタイミングも夜で就寝前ということもあり、身体に体脂肪が蓄積しやすいタイミングです。

是非とも、おつまみは枝豆にしましょう。

お酒も糖質の含まれていない、ハイボールとかにするといった配慮ができればさらにGoodです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました