ダイエット中のお酒は太るの?【アルコールとの付き合い方】

ダイエットとお酒 フィットネス
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

お酒って太るの?

お酒のエンプティーカロリーって何だろう。

ビールは太るけど、ハイボールは太らないとか聞いたことがあるな。

 
このような疑問を解消していきます。
 

私もちゃんと調べて勉強するまでは、よくわかっていませんでした。

今はちゃんとお勉強したので、記事をかけるくらいまでは成長しました笑。

 

さて、今回の記事では、お酒を飲んだら太るとか太らないとか色々言われていますが、

「結局どっち?」

というところを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

お酒で太るはうそ!?

結論から言うと、「お酒で太る」はウソです。

お酒だけを飲む分には、絶対太りません!

ここで言うお酒だけというのは、純粋なアルコールのみのことなのでご注意を!

 

お酒のカロリーは高いですが、カロリーが高いからといって太ることには繋がりません。

お酒のカロリーは、お酒に含まれているアルコールに比例します。

アルコールのカロリーは、1gあたり7kcalと言われています。

この数値だけ見ると、タンパク質や炭水化物の1gあたり4kcalと比較しても、2倍くらいあるため、大きなエネルギーを持っていることになりますね。

お酒の一例

ちなみに、コーラのカロリーは100mlあたり45kcalなので、お酒のカロリーが高いことを実感できるかと思います。

 

しかし、アルコールは人間が体内で利用できるエネルギーではないのです。

これが、アルコールはエンプティーカロリーと呼ばれる由来です。

お酒の成分表示を見ると、タンパク質(1gあたり4kcal)や脂質(1gあたり9kcal)、糖質(1gあたり4kcal)の値だけで計算したカロリーと表示が合わないはずです。

この差分が、エンプティーカロリーと呼ばれるアルコールのカロリーになります。

アルコールが摂取されると、体内に吸収されず、糖質や脂質よりも先に分解されて、熱として放出されるため、純粋なアルコールだけで太ることはないのです。

お酒はいくらでも飲んでいいの?

泥酔するまで飲むのはおすすめしませんが、適量であれば問題ありません。

泥酔ダメゼッタイ!!

逆に言うと、ダイエットのためならば、お酒をやめる必要はない!ということです。

 

ただし、注意点があります。

それは、お酒と一緒にとる食事やお酒に含まれている糖質や脂質です。

先ほど、お酒を飲んでも、体内に吸収されず、糖質や脂質よりも先に分解されるから太らないとお伝えしました。

これは、紛れもなく事実なのですが、お酒と一緒に摂取する糖質や脂質については、ちゃんと考えなくてはいけません。

 

人間の体は、体にとって有害なものから先に分解・処理を行います。

アルコールは、タンパク質・脂質・炭水化物よりも有害であるため、真っ先に分解されて、熱として放出されます。

つまり、アルコールが分解されるまで、

「タンパク質・脂質・炭水化物はほとんど分解されない」

ということです。

分解・消費されないと、糖質や脂質は体脂肪として体内に蓄積されます。

大量のお酒と同時に量を考えず食事をしてしまうと、がっつり太ってしまうわけです。

 

身体の中での分解される順番を考えた上で、太らないお酒の飲み方は、

ウィスキーなどの蒸留酒や糖質0のチューハイをほどほどに飲みながら、お刺身や赤身肉などのタンパク質メインの食事をする

という感じになりますね!!

居酒屋で、海鮮系のメニューを注文する際のポイントはこちらにまとめました。

ダイエットに成功するための食事【外食】【海鮮・寿司】
「ダイエット中の外食ってできるの?」「ダイエットで外食禁止はつらい。」とお悩みの方はいらっしゃいますか?ダイエット中の外食は全く問題ありません!もちろん注意するポイントはいくつかあります。今回は外食するレストランが海鮮系の場合に、覚えておいて欲しいポイントを解説します。ダイエット中の方はぜひ読んでみてくださいね!

まとめ。

今回の記事で、お届けした内容をまとめると、

● お酒だけでは太らない!
● ダイエット中にお酒を飲むときは、一緒に食べるものに気をつける

になります。

お酒が好きな方は、ダイエット中にやめる必要はございませんので、適度にお酒を楽しみながら、ダイエットをしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました