カゼインプロテインとは?【ホエイとの違いとおすすめの飲み方】

カゼインプロテイン_サムネ プロテイン
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

カゼインプロテインってのを見かけたんだけど、普通のホエイプロテインとは違うの?

OK!!
カゼインプロテインについて、しっかり解説するよ。
ホエイプロテインもカゼインプロテインもタンパク質には変わりないけど、性質が全然違うんだ。

 

プロテインと言っても、種類はたくさんあって、有名なところでは、ホエイプロテイン・ソイプロテイン・カゼインプロテイン・ビーフプロテイン・エッグプロテインなんてものがあります。

今回は、カゼインプロテインについて掘り下げて行こうと思います。

 

スポンサーリンク

カゼインプロテインってどんなもの?

カゼインプロテインってどんなもの?

カゼインプロテインの原材料は、乳製品由来のものになっています。

この点は、1番メジャーなプロテインのホエイプロテインと同じですね。

ちなみに、牛乳に含まれているタンパク質のうち、約8割がカゼインプロテイン、残りの2割がホエイプロテインと言われています。

カゼインプロテインと言われても、ピンと来るものではないと思いますが、牛乳を温めてホットミルクを作る際にできる表面の薄い膜がカゼインプロテインになります。

まぁ、そのまま食べても美味しいものではないかもしれませんが笑。

なぜ薄い膜ができるかというと、カゼインプロテインが熱によって固まるという性質を持つからです。

カゼインプロテインの特徴

カゼインプロテインの特徴は、メリット・デメリットを含めて、3つあります。

①吸収時間が遅い

②グルタミンを豊富に含む

③牛乳アレルギー

さて、順番に確認していきましょう。

吸収時間が遅い

一見、吸収時間が遅いというのは、デメリットに捉えられがちですが、使い方次第で強力なメリットになります。

ホエイプロテインの吸収時間は、およそ2時間程度ですが、カゼインプロテインの吸収時間は、6〜7時間程度です。

吸収時間が長い理由は、カゼインプロテインが水に溶けにくいという性質を持っていて、ゆっくりゆっくりと消化されていくためです。

ちなみに、あらゆるプロテインの中で1番吸収速度が遅いです。

 

さて、この長い吸収時間をどう活かすのかというと、就寝中のタンパク質の補給に利用します。

就寝してから朝に起きるまでの期間は、日常生活の中で、身体に最もエネルギーが不足している状態です。

つまり、人間の身体が必要な栄養(特にアミノ酸)を作り出そうと、筋肉を分解しやすい時間ということを意味します。

就寝の1時間前にカゼインプロテインを飲んだとすると、就寝後5〜6時間くらいに吸収が始まりますので、筋分解を抑えることができます。

グルタミンを豊富に含む

グルタミンは、準必須アミノ酸に分類される、人間にとってとても重要なアミノ酸になります。

グルタミンの働きは、大きく3つあります。

●免疫力の向上
●筋分解の抑制
●小腸のサポート

筋分解の抑制については、前の「吸収時間が長い」でも触れたように、筋肉に絶えずアミノ酸というエネルギーを送り続けられることがメリットになります。

その他のグルタミンの効果については、別の記事にまとめてます!

ご参考までにどうぞ。

 

グルタミンの効果を解説します【風邪の予防や筋分解の抑制】
グルタミンってアミノ酸をご存知でしょうか?風邪の予防や筋分解の抑制といった効果がある、どんな人にでも効果のあるアミノ酸です。ちなみに、グルタミンとグルタミン酸は別物です。そんなグルタミンの特徴や摂取量・タイミングなどを解説します。おすすめのグルタミンのサプリも紹介していますので、どなた様もお気軽にお立ち寄りください!

 

牛乳アレルギー

こちらは、100%デメリットになります。

カゼインは、牛乳アレルギーのアレルゲンである牛乳タンパク質そのものですからね。

 

0歳を頂点として乳幼児に発症しやすいですが、発症しても2〜3歳でアレルギー耐性を獲得して、自然消滅することが多いです。

また、カゼインは、乳幼児に対する自閉症やADHDの大きな原因の一つだと考えられています。

なので、カゼインフリーの食品も出回っていたりもします。

しかし、カゼインプロテインを乳幼児の方が摂取するとは、まず考えにくいので参考までにといった感じですね。

高校生以上とかの方であれば、問題ないかと思います!

カゼインプロテインの摂取量とタイミング

カゼインプロテインの摂取量とタイミング

カゼインプロテインもタンパク質に他ならないので、食事とのバランスを考慮して、適宜飲んでいただければ問題ありません。

1日のタンパク質摂取量の目安としては、

●スポーツや筋トレをしていない人:体重[kg] × 1[g]

●スポーツや筋トレをしている人:体重[kg] × 2[g]

といったところでしょうか。(体重60kgの人であれば、それぞれ、60g、120gになります。)

これらの目安を達成できるように、飲んでみてくださいね。

 

飲むタイミングのおすすめは、何と言っても、就寝前!

さらに、ホエイプロテインとカゼインプロテインを半々で混ぜて飲むのが超おすすめ!!

就寝1時間前に飲んだとすると、就寝後1時間〜でホエイプロテインが吸収されて、就寝後5時間〜でカゼインプロテインの吸収に切り替わっていくという状況を作り出すことができます。

ホエイプロテインとカゼインプロテインを組み合わせると、就寝中も途切れることなく、タンパク質の補給が可能になります!!

 

最後に、おすすめのカゼインプロテイン(ホエイプロテインとのmix)を紹介します!

とても美味しくて飲みやすいですよ!

まとめ

カゼインプロテインの特徴は、メリット・デメリットを含めて3つ!

①吸収時間が遅い
②グルタミンを豊富に含む
③牛乳アレルギー

 

カゼインプロテインの摂取量は、1日のタンパク質摂取量の目安

●スポーツや筋トレをしていない人:体重[kg] × 1[g]
●スポーツや筋トレをしている人:体重[kg] × 2[g]

を考慮して、普段の食事で不足している分を補ってあげればOK。

 

カゼインプロテインの摂取タイミングノオおすすめは、就寝前!!

さらに、ホエイプロテインと混ぜて飲むと効果的!!

 

カゼインプロテインを取り入れて、効果的に筋肉へエネルギーをチャージしていきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました