ダイエット中の果物にはバナナを選びたい【筋トレのサポートにも】

バナナ_ダイエット_サムネ フィットネス
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ダイエット向きな果物を知りたい人
 
「バナナがダイエット向きな果物って聞きました。何でバナナがダイエット向きな果物なんですか?理由を教えてください。あとダイエット中には、どんな時にバナナを食べれば良いかも教えてください。」

 

バナナが筋トレ向きな果物である理由を知りたい人
 
「何で筋トレしている人はバナナをよく食べてるんですか?バナナってそんなに筋肉に良いものなの?バナナが筋トレにおすすめされる理由を教えてください。」

 

こういった疑問を解決します。

 

この記事を書いている私は、筋トレ歴が4年くらいでフィジークのコンテストにも出場しています。

バナナは筋トレに良いので1年を通して、よく食べています。

しかもバナナはダイエットにも効果的なので、ダイエット中でも気軽に食べられて便利ですよ。

 

今回の記事では、

●バナナがダイエットや筋トレ向きな果物である理由

●バナナを食べるおすすめのタイミング

について、解説していきます。

スポンサーリンク

バナナがダイエットや筋トレ向きな果物である理由

バナナ_たくさん

 

スーパーやコンビニで簡単に、しかも手頃な価格で買えるので、バナナは普段の生活におなじみの果物ですよね。

そんなバナナがダイエットや筋トレ前後の栄養補給にぴったりなこと、知っていますか??

実はバナナには、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれているんです!

そんなわけでバナナがダイエットや筋トレ向きな果物である理由を紹介していきます。

 

カロリーが低い

右下がり_イラスト

 

バナナは脂質が少なくカロリーが低いです。

大きさによって若干の差はありますが、1本あたり80kcalくらい。

コンビニのおにぎりがだいたい200kcalくらい。

菓子パンに至っては、平気で400kcal近くあります。

バナナ1本でもそこそこの量があるので、量を食べたのにカロリーが低いという得した感じがしますよね。

 

エネルギー源が果糖

バナナ_かご

 

バナナに含まれる糖質が果糖であるのもポイント!

ブドウ糖ではないので、バナナのGI値は低いのです。

つまり、バナナを食べても血糖値が上がりにくいんです。

血糖値が急激に上がったり下がったりしないので、食べた後に眠気を感じることもないですし、食べてからすぐに空腹感を感じることもないのです。

とてもダイエット向きですよね。

 

しかも、果糖はブドウ糖よりも素早くエネルギーとして利用されます。

この点が筋トレ向きな果物と言われるゆえんです。

 

ビタミンB6が多い【ビタミンをチャージ】

深呼吸_女性

 

ビタミンB6はタンパク質の分解・吸収をサポートして、筋肉の合成効果を高めてくれます。

まさにビタミンB6を多く含むバナナは、筋トレ向きな果物なのです。

また、タンパク質は髪の毛や爪の材料にもなるので女性にとっても大切な栄養素。

バナナは美容のサポートもしてくれます。

バナナは男女問わず、とっても優秀な果物なんですよ。

 

カリウムが多い【ミネラルをチャージ】

ジャンプ_女性

 

カリウムは、体内の余分な水分を排出してくれるので、むくみの解消をサポートします。

余分な水分が抜ければ体重も落ちて、すっきりしたボディラインを作ることができますよ。

また、カリウムは筋肉の収縮をサポートするので、足などをつってしまうことの防止にも役立ちます。

ダイエット中は食事制限の影響で、ミネラルが特に不足しやすいです。

だからこそ、ミネラルを簡単に補給できるバナナがダイエットにおすすめされているんです。

 

食物繊維が多い

お腹_ハート

 

バナナは食物繊維も豊富です。

つまり、ダイエットの天敵、便秘に効果的!!

ダイエットで体重が停滞してしまう原因の一つが、便秘なんです、、、

そりゃ出すものを出さなければ、体重も落ちないです。

ダイエットを早く成功させるには、食物繊維をしっかり摂りましょう。

 

どこでも買える

バナナ_スーパー

 

どこでも買えることも、バナナがダイエットや筋トレ向きな食材である理由の一つです。

スーパーやコンビニなど、どこでも買えます。

最近では、ジムでも売ってたりしますよね。

小腹が空いた時にすぐにどこでも食べられることは、ダイエットにおける大きなアドバンテージですよ。

 

値段がお手頃

まる_男性

 

値段がお手頃な点もバナナの長所。

スーパーであれば、3〜4本で100円とかで買えますからね。

他の果物と比べても、安いです。

ダイエットや筋トレだけでなく、お財布の味方でもあります。

素晴らしい!!

 

バナナを食べるおすすめのタイミング

バナナ_イルカ

 

ダイエット中のバナナを食べるおすすめのタイミングについて紹介します。

 

お腹が空いた時に【間食に最適】

バナナ_1本

 

ダイエット中にとりあえず小腹が空いたら、バナナを食べておきましょう。

1本食べても、わずか80kcalで、普通に生活していれば問題なく消費できるカロリーです。

通勤、通学の歩いている時で消費できるレベルです。

それに1本食べれば、だいぶお腹も満たされるので、空腹感を紛らわせることもできます。

また、ダイエット中にしっかり補給したいビタミン・ミネラル・食物繊維も摂れるのもポイント。

 

朝ごはんを置き換える

牛乳

 

朝ごはんをバナナ1本に置き換えることができたら、ダイエット成功に大きく近づきます。

1日のうち1番が必要な時に、身体が素早くエネルギーとして利用できる果糖をチャージできますからね。

朝ごはんに糖分を摂っても、体脂肪には変わりにくいです。

逆に、夜ごはんにバナナを食べるのはやめておきましょう。

寝ている間はエネルギーが消費されないので、糖分が体脂肪に変わりやすい時間帯です。

 

筋トレの直前・直後【筋トレをしている人向け】

アームカール

 

筋トレをしている人は、筋トレの直前や直後もおすすめです。

筋トレの直前にバナナを食べれば、果糖のおかげで筋トレで使うエネルギーを素早く補給できます。

また、筋トレの直後に食べれば、筋肉の合成に役立つビタミンB6をチャージできます。

もちろん、両右のタイミングに食べてもOKです。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました