ダイエットで利用する人工甘味料を徹底解説【エリスリトール】

人工甘味料について_サムネ フィットネス
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

人工甘味料を使用する主な目的は、

● ダイエット中に甘いものを食べたいけどカロリーを抑えるため
● 糖尿病の人が糖を摂取しないようにするため

だと思います。

 

しかし、

人工甘味料は危険?
人工甘味料で太る?
健康への害がある?

といった疑問を1度は持ったことがあるでしょう。

 

本記事では、そんな疑問を解決していきますよ!

スポンサーリンク

そもそも人工甘味料って何?

なぜ?

人工甘味料は、甘味料と呼ばれているものの1つの区分。

甘味料ファミリーの中に、人工甘味料と天然甘味料がいて、さらに、人工甘味料の中に合成甘味料と糖アルコールがいます。

①人工甘味料

人工的に化学合成して作られる甘みを感じるもの。

 ●合成甘味料

 アスパルテーム、アセスルファムK(カリウム)、スクラロースなどが該当します。

 0kcalのコーラやゼリーとかに入っているとてもメジャーなものですね。

 ●糖アルコール

 キシリトール、エリスリトール、ソルビトールなどがこの区分です。

 エリスリトールなどは、植物から抽出されるので、天然甘味料との住み分けがグレーゾーン。

 人工甘味料 or 天然甘味料といった定義を厳密に求める必要はないと個人的には思います。

 

②天然甘味料

植物などから甘みを抽出して食品として使用するもの。

サトウキビやとうもろこしなどの植物から甘み成分を抽出して、食品として使用します。

人工甘味料は健康に害があるのではないか?

さて、

人工甘味料(特に合成甘味料)は健康に害があるのではないか?
発ガン性があるのではないか?

といった疑問に答えていきます。

 

先ほど紹介した合成甘味料は3種類だけでしたが、実際には他にも10種類とか20種類とか存在します。

アメリカ食品医薬品局、通称FDAと呼ばれる団体が厳しい審査を行って、承認を与えた健康被害がないと証明されているいるも合成甘味料は5種類存在します。

●アセスルファムK
●アスパルテーム
●ネオテーム
●サッカリン
●スクラロース

上記5種類は、健康に害はありませんのでご安心ください!!

おそらく聞いたことがあると思われる、ステビアはまだ承認が下りていません。

ステビアに関しては、完全に人体の健康に影響がないとは言えないというのが現在のステータスです。

人工甘味料と血糖値・インスリンとの関係性は?

続いて、

本当に太らないの?
血糖値が上がらないの?
インスリンが分泌しないの?

に関してです。

 

一般的に人工甘味料によって、血糖値が上がることはないと言われています。

ある論文で行われた実験で、150人に人工甘味料を摂取してもらったところ、上昇しなかったという結果も出ています。

 

人工甘味料を良く思っていない人の考えとしては、

血糖値が上がらなくてもインスリンは分泌されてしまうのでは?
その結果として、糖を摂取していないにも関わらずインスリンが分泌されて、もともと血液中に存在した糖を分解して低血糖状態になってしまうのではないか?

と言うものがあげられると思います。

 

食べ物を口にした際に、人間は、舌にある味蕾(みらい)細胞で甘みを感じます。

甘みを感じた際に、インスリンが分泌されるのは事実です。

なので、人工甘味料を摂取した際に、インスリンの分泌は確かに起こります。

また、味覚を感じる細胞は腸管内部にも存在していて、インクレチンというホルモンがインスリン分泌を促進すると報告されていたりもします。

ただ、いずれにせよ、糖を摂取してインスリンが分泌されるときの量と比べると、無視できるレベルなので、気にする必要は全くないと思います。

 

私も、ダイエット中は人工甘味料に大変お世話になっています!!

ゆう
ゆう

だって甘いもの食べたいし飲みたいもん。

ダイエット中でも安心して使用できる甘味料は?

安全な甘味料

FDAが承認を出している合成甘味料であれば問題ないとは思いますが、最新の注意を払って甘味料を選びたいという人にはエリスリトールをおすすめします。

エリスリトールは、果物、きのこ、とうもろこしから抽出されて作られます。

厚生労働省によると、糖質の中で唯一、カロリーゼロとされているといった特徴もあります。

カロリーの計算方法にも依存しているので、0.00かと言われるとそうではないのですが、それに近い値だと言う認識で問題ないです。

さらに言うと、糖尿病患者さんにも使用されている甘味料で、あのWHO(世界保健機関)でさえも、安心安全と認めている甘味料です。

 

あえてデメリットをあげるのであれば、多量に摂取するとお腹がゆるくなることがあるくらいです。

同じ糖アルコールの仲間であるキシリトールのガムにも、多量に摂取するとお腹がゆるくなることがありますと書いてありますよね?

その程度のデメリットです。

まとめ

人工甘味料は何十種類も存在するので、ひとくくりにして、危険だとか健康に害があるといった評価は間違いです。

世界的に信頼のおかれている団体が、健康に害がないと認めているものであれば、安心して使用することができます。

安心安全な有名な人工甘味料をあげると、

●アセスルファムK
●アスパルテーム
●スクラロース

です。

最新の注意を払いたいと言う方には、エリスリトールがおすすめです。

甘味料をうまく利用して、ダイエットなどに役立ててくださいね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました