腹筋を鍛えるならアブローラーがおすすめ【目指せシックスパック】

アブローラー_サムネ フィットネス
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

自宅でできる筋トレで腹筋を割りたい人

 

「今年こそ腹筋を割りたいです。でも、ジムに行くのはめんどくさいし時間もお金もかかるから嫌だな。自宅でもできる腹筋を鍛える方法を教えてください。」

 

アブローラーについて気になる人

 

「自宅でも手軽にできるトレーニングアイテムで、アブローラーっていうものを聞いたことがあるな。アブローラーをやれば本当に腹筋を鍛えられるのかな?アブローラーを使った正しいトレーニングのやり方を教えて欲しい。」

 

こういった悩みに向けた記事になります。

 

この記事を書いている私は、筋トレ歴が4年くらいでフィジークのコンテストにも出場しています。

基本的に腹筋は、アブローラーでしか鍛えていません!!

それくらいアブローラーって効果が期待できるんです。

 

今回の記事では、

●アブローラーを使うとどこが鍛えられるのか

●アブローラーの正しいやり方

●アブローラーの正しい選び方

について、お伝えします。

スポンサーリンク

アブローラーを使うメリット

アブローラーとは車輪にバーを取り付けたもので、両手でそのバーを握りながら車輪をコロコロして使います。

車輪をコロコロさせながら、腹筋を伸縮させて腹筋を鍛えることができるアイテムです。

車輪をコロコロするというとかわいい感じがしますが、効果はバケモノです笑。

そんなアブローラーを使うメリットについて、見ていきたいと思います。

 

普通の腹筋のトレーニングよりも効果が大きい

アブローラーを使う筋トレは、普通の腹筋(寝っ転がって体を起こすことをくりかえす筋トレ)よりも、はるかに筋トレ効果が高いです。

アブローラーをやった翌日の筋肉痛の大きさを実感すれば、理解していただけると思います。

筋トレの効果が高いので、普通の腹筋の筋トレのように、1セットに何十回とかやる必要がないのです。

回数を減らせれば筋トレの時間も短くできるので、続けやすくなるというところも◎。

 

腹筋だけでなく上半身を全て鍛えることができる

もちろん腹筋(腹直筋)がメインに鍛えられる筋肉です。

アブローラーを習慣化できれば、バキバキのシックスパックをゲットできるでしょう。

しかし、アブローラーはそれだけじゃないんです!!

腹斜筋(お腹の側面)、上腕三頭筋(腕の後ろ側の部分)、脊柱起立筋(背中の真ん中から下の部分)もしっかりと鍛えることができます。

ガチで筋トレしている人は、それぞれの部位ごとに分けたトレーニングをした方が良いですが、ボディメイクやエクササイズ目的であれば、アブローラーだけで上半身のトレーニングを済ませてしまっても問題ないです!!

複数の筋トレメニューを1つにまとめることで、筋トレ時間を短縮できることもとても魅力的です。

めんどくさいといった、モチベーションの低下も防げます。

筋トレの強度をコントロールできるので初心者から上級者まで使える

バーを握ってコロコロするだけのアブローラーですが、初心者から上級者まで誰にでも大きな効果を期待できるトレーニングなんです。

例えば、初心者の人であれば、膝をついてコロコロする距離を短くする。

逆に上級者の人であれば、立った状態でスタートして顔が床につくくらいまでコロコロしてあげる。

このように筋トレの強度を変えてあげることで、全ての人に対して絶大なトレーニング効果をもたらすことができます。

 

値段が安いうえに邪魔にならない

アブローラーは値段がお手軽です。

だいたい1,000円~1,500円くらい。

ジムへ1回行くよりも安かったりします笑。

それに、ダンベルなどと違って重くもないし、場所を取らないところも◎。

片付けも部屋の隅っこにちょこんと置いておけばOK笑。

 

アブローラーのやり方

アブローラー

続いて、アブローラーのやり方を紹介します。

やり方は、膝をつくパターンと立ったままやるパターンの2つがあります。

 

まずは「膝コロ」から

アブローラー初心者の方は、「膝コロ」から始めましょう。

初めての人で「立ちコロ」ができたらスゴすぎます。

 

もちろん最初は「膝コロ」しかできませんでした。
3ヶ月くらいやってたら、「立ちコロ」ができるようになった気がします。

 

 

さて、実際の「膝コロ」のやり方を紹介します。

①膝をついて、アブローラーを握って床に置きます。

②ゆっくりと前に転がします。

③ぺチャーンと潰れてしまわないギリギリのところまで転がしたら止めます。

④アブローラーを引きつけて、①の体勢に戻します。

あとは、①~④の動作を繰り返せばOK。

 

トレーニングの目安は、1セットあたり6~10回で3セット。

3セットを楽々こなせるようになってきたら、「立ちコロ」に移行する時期です。

ギリギリのところで止めるのが難しい場合は、壁や段差に向かってアブローラーを転がすのがおすすめ!

 

「立ちコロ」ができたら完璧!

「立ちコロ」の難易度はかなり高め。

「立ちコロ」ができたら、アブローラー上級者!!

難易度が高い分、筋トレ効果もとても高いです。

なるべく早く、「立ちコロ」ができるようになりたいところです。

 

「立ちコロ」のやり方は、「膝コロ」は膝をついてスタートしていたのを立ってスタートするだけ。

動き自体は何も変わりません。

こちらも、1セットあたり6~10回で3セットが目標です。

10回3セットが楽々できるようになる頃には、素晴らしい腹筋を手にしていることでしょう。

 

アブローラーの頻度

だいたい、週1~2回やればOK

毎日アブローラーをやるのも筋肉痛の時にアブローラーをやるのもNG。

筋肉が成長するには、しっかりと休ませてあげることが大切。

筋トレをしたら、最低限2日くらいは休みましょう。

筋肉痛についてはこちらの記事も参考に。

 

筋トレをすると筋肉痛になる理由【筋肉痛がなくても筋肉は成長する】
なぜ筋肉痛が起きるの?筋肉痛と筋トレの効果の関係ってあるの?そんな疑問を解決します。筋肉痛は筋肉が修復される際に発生するものですが、筋肉痛が来ないと筋トレの効果がないということではありません。筋肉痛は目安くらいに考えるのが吉ですよ。

 

おすすめのアブローラー

最後にアブローラーの選び方とおすすめのアブローラーを紹介します。

 

アブローラーの選び方

アブローラーを選ぶときは、車輪の幅と大きさをチェックしましょう。

●初心者~中級者:幅が広くて、直径が大きな車輪

●中級者~上級者:幅が狭くて、直径が小さな車輪

のアブローラーを購入することをおすすめします。

 

アブローラーをコロコロする際は、まっすぐ進むために左右のバランスを取る必要があります。

幅が狭いと、バランスを取りづらい(負荷が高い)ので、アブローラー初心者さんは車輪の幅が広いアブローラーの方が良いです。

また、車輪の大きさが小さいほど、コロコロした際に床との距離が近くなります。

身体と床との距離が短いほど、負荷が高くなるので、アブローラー初心者さんは車輪が大きいものを選んでください。

 

筋トレ初心者向けのアブローラー

アブローラー_初心者1
Active Winner 腹筋ローラー マット付 超静音 アブローラー 筋トレ エクササイズ

 

アブローラー_初心者2
Trideer 腹筋ローラー マット付き アブローラー 300KG耐重 超静音 ダブルホイールアブホイール 組立取付簡単 厚化スチールパイプ シックスパックを鍛える腹筋器具 (レッド)

 

筋トレ中級者向けのアブローラー

アブローラー_上級者
Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き

コメント

  1. […] Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー 2020.01.11 この記事は約7分で読めます。 スポンサーリンク […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました