ホエイプロテインの種類を解説【WPCやWPI,WPHなど】

ホエイプロテイン4種_サムネ プロテイン
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ホエイプロテインって1種類だと思いきや、
WPCとかWPIとかいっぱいが種類あるの?
それとも、全くの別物。。。?

 

こんなお悩みを解決していきます。

 

ホエイプロテインは、製法によって以下の4種類に分類されます。

WPC (Whey Protein Concentrate)
WPI (Whey Protein Isolate)
CFM (Cross Flow Microfiltration)
WPH (Whey Protein Hydrolyzed)

 

今回の記事では、それぞれのホエイプロテインの特徴を解説していきます。

自分にピッタリ合うプロテインをお探しの方やホエイプロテインについて詳しく知りたい方は、お付き合いください!!

 

スポンサーリンク

WPC

一般的にプロテインと呼ばれているものは、WPCのホエイプロテインです。

ホエイプロテインは、牛乳を原料として作られます。

 

WPCはフィルターのようなものを用いて、牛乳をろ過して精製されます。

ろ過により、タンパク質以外の部分を取り除いて濃縮したものが、WPCです。

WPCのタンパク質含有率は、およそ80%になります。

 

特徴として、乳糖が含まれていることが挙げられます。

ろ過をするだけでは、完全にタンパク質だけを分離することができないため、炭水化物である乳糖が若干含まれています。

炭水化物を極力カットしたい人や乳糖不耐性の人(牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなってしまう人)は避けた方が良いかもしれません。

 

ちなみに、4種類のホエイプロテインの中では、ダントツで価格が安いので、コスパ的には1番おすすめです。

個人的に大好きなNo.1プロテインのリンクを貼っておきます。

WPI

WPIは、WPCからさらに、イオン交換法という製法を用いて精製されるプロテインです。

イオン交換法とは、電気を帯させた樹脂を用いて、タンパク質を化学的に分離する手法です。

タンパク質含有率はおよそ90%で、WPCよりも10%ほど高い値を持ちます。

 

こちらのWPIには、乳糖が含まれていないため、炭水化物を極力カットしたい人や乳糖不耐性の人にもおすすめです。

しかし、WPCからさらに、イオン交換法という処理があるため、もちろん価格は高くなります。

また、イオン交換膜法では、カルシウムやビタミンなどの有用な栄養素も取り除いてしまうというデメリットもあります。

 

WPIのおすすめもやっぱりビーレジェンド!!

CFM

CFMは、WPIの仲間で、WPCとWPIの良いところを取ったというイメージです。

タンパク質含有量はおよそ90%で、さらにWPIでは取り除かれてしまうカルシウムやビタミンを含んでいます。

もちろん、乳糖はカットされています。

CFMは、WPCからさらに、セラミック膜というフィルターを用いて精製されます。

CFMもWPCから追加処理を行うので、お値段はWPCよりも高めになります。

CFMのおすすめはゴールドジム産のプロテイン!!

甘くて美味しいです!!

WPH

WPHは、WPC・WPI・CFMと比べると、1番吸収スピードが速いです。

というのも、WPHの主成分は、タンパク質がアミノ酸に分解される途中段階のペプチドだからです。

すでに消化されている形のペプチドなので、消化の時間が短縮できるというわけです。

吸収速度が速いことを利用して、タンパク質を摂取したいピンポイントのタイミングを狙えることが最大の長所になります。

タンパク質含有率は、幅があり、70%〜90%くらいになります。

 

ちなみに、他のホエイプロテインと比較して、アミノ酸「ロイシン」の含有量が多いのもメリットです。

ロイシンは、筋合成の促進や疲労回復などの効果を期待できるアミノ酸です。

 

ロイシンを始めとする、BCAAの効果については、こちらの記事にまとめてあります。

筋トレ中に飲むBCAAの効果を解説します【筋肉の成長を促進】
BCAAの効果ってご存知でしょうか?ジムで飲んでいる人がいる鮮やかな色のアレです。BCAAはトレーニング中のエネルギー源になるだけでなく、筋肉合成や疲労回復と様々な効果を持っています。本記事ではそんなBCAAの解説をします。BCAAについて知りたい人、興味のある人、トレーニングをしている人は、ぜひご覧ください!

 

まとめ

ホエイプロテインは、以下の4つに分けられます。

①WPC:タンパク質含有率80%、乳糖が含まれる、コスパ◎

②WPI:タンパク質含有率90%、乳糖が含まれない、カルシウムやビタミンも含まれない

③CFM:タンパク質含有率90%、乳糖が含まれない、カルシウムやビタミンは含まれる

④WPH:タンパク質含有率70〜90%、ペプチドが主成分で吸収速度がとても速い

 

それぞれの特徴を活かして、自分に合ったプロテインを選んでくださいね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました